機械式時計の手入れは難しいの!?クオーツ式とは個々が違う

内部では絶えず振り子が動いている

機械式時計の特徴を良く見るためには、盤面がスケルトンタイプの商品を時計屋で見ると良く分かります。左右に振り子運動をしている部分が時間を刻む基準となっているので、時計の向きによっては重力や他の加速力の影響を受けやすくなるので、誤差が出やすくなります。機械式時計の魅力は毎日身に付けることと手入れを続けることにより愛着が湧くことにあるでしょう。ゼンマイが解ける力を利用して振り子を動かすので、40時間前後の力を溜めて置ける反面、週末にゼンマイが巻かれることが無ければ週明けには針が止まっているでしょう。

オーバーホールは何故3年ごとに必要か

購入直後の機械式時計では、針の進みがやや早く調整されています。なぜなら、使い続けるうちに内部のオイルが劣化して動く際の動作抵抗が増えることを見越しているからです。最初は進みがちであっても、次第に調度良くなり遅れ気味となる頃合いがオーバーホールの時期となります。内部のオイルの劣化が進むまでの期間は、3年から4年程度と考えられているので、オイルが劣化した時期にオーバーホールを行うと内部の摩耗が進みにくくなります。

時計職人との出会いが重要です

オーバーホールに掛かる費用としては、時計職人に預けて全てのパーツを分解洗浄する必要があるので、2万円から4万円程度が一般的です。高級時計の中には、扱える時計職人が限られており、オーバーホールの日数を要するものもあるので、高級機械式時計については時計職人探しから始める必要があります。複数台の機械式時計の腕時計を持っている人が少ない理由として、毎日身に付けて使い続けることでゼンマイが巻かれる仕組みだからです。素敵な機械式時計を持っている人には、信頼できる時計職人も確保していると考えられます。

ウブロはスイスの高級腕時計メーカーです。世界中の多くの芸能人やスポーツ選手が愛用していることで有名です。