ペットショップだけじゃない!犬や猫を飼うルート

捨て猫や捨て犬を拾う

生まれたばかりの犬や猫を、自分では飼えない人が捨ててしまうことがあります。そういった捨て犬や捨て猫を見つけて保護して飼う方法があります。また、親とはぐれたり迷子になった子猫が一匹で放浪していることも少なくありません。近くに親がおらず、置いていたら死んでしまうことが予想される場合、自分が家族に迎え入れる選択肢もあります。突然の出会いで飼うことになる場合が多いので、印象深い思い出になるでしょう。その分、絆を強く結べることもあります。

保護活動をしているところからもらう

飼い主のいなくなった猫や犬を保護して里親を探す活動をしている団体があります。新しくペットを迎え入れたい場合、保護団体から譲り受けるという方法もあります。一人暮らしはNG、室内飼育推奨など、貰われていく動物が幸せになれるようにという目的で条件が付けられていることが多いです。条件をクリアできる場合は、里親になることができます。ペットショップで買うように高額の費用はいらないので、その分をペットとの新しい生活のために活用することができます。

知り合いのところで生まれた仔をもらう

知り合いが犬や猫を飼っている場合、その家で赤ちゃんが生まれることがあります。知り合いが里親を探している場合、もらって飼うことができます。お互いに相手の素性を知っているので、飼う側も責任感が生まれますし、あげる側も安心感があります。また、ペットの本当の親を知ることができる・いつでも会いに行けるというのは大きな魅力だといえます。ペットという共通の話題が生まれるのでくれた知り合いとの仲も深まります。

子猫販売なら東京の人気の店舗を見つけることで、ペットを初めて飼育する人であっても、満足のゆく対応が取れます。