屋上緑化で空間を無駄なく有効活用しよう!

屋上緑化って何だろう?

ヒートアイランド現象に地球温暖化、さまざまな環境問題が注目されていますね。これらの問題に有効な手段の1つが「屋上緑化」です。屋上緑化とは、その名のとおりビルなどの屋上部分に植物を植えて緑化しよう、というものです。土地が余っていない都心部などに見られることが多く、人工物で埋め尽くされた景観の中で緑の安らぎを与えてくれます。都会のオアシス、といったところでしょうか。ぜひ、使われていない屋上を憩いの場へと変身させましょう。

屋上緑化のメリットは?

そもそも屋上は一番陽当たりの確保できる場所です。植物が光合成をするには最適な環境なんですね。光合成をすることで有害な二酸化炭素を吸収、酸素を生産してくれます。環境保全に一役買っているわけですね。また、断熱効果における冷暖房の省エネ化も屋上緑化の大きなメリットです。最も太陽光が当たり温度が高くなる屋上に植物を植えることで、地盤となる土による断熱効果、植物の蒸散作用による気温低下などが起こります。自然に外断熱が行われているわけです。

家でも人気!手軽にできる屋上緑化!

個人住宅でも屋上緑化は注目されています。本格的なものからDIYのものまで仕様はさまざまですが、難しく考えずに「植物を植える」という原則を守れば良いわけです。屋上が無い家は、ベランダなどを活用しましょう。屋上緑化をするうえで注意しなければならないのが、その重さです。土は水を吸うとかなりの重量になります。建物への負荷を考えて、無理のない面積の緑化をしましょう。また屋上部分は風が直撃しますので、なるべく風の影響を受けない芝などの背の低い植物を植えるように心がけましょう。

現在、地球温暖化が確実に進んでいますが、その対策として屋上緑化をすると、温度を下げる効果があります。