補償割合と限度額の理解が大切!ペット保険の賢い選び方

まず補償割合を理解しましょう

ペットが何らかの理由で治療を受けることになった際、治療費の一部ないし全額を受け取れるサービスがペット保険です。このペット保険を選ぶ際の重要なポイントとなってくるのが補償割合なんですよ。補償割合とは、治療費の内どれだけを保険会社に転嫁出来るのかを示すもので、多くの会社は50~70%程度に設定しています。近年は1円も負担せずに済む補償割合100%を謳う商品も登場しています。基本的に補償割合が増えるほど、毎月の保険料も高くなることを知っておきましょう。

補償限度額を理解しましょう

ペット保険選定において、補償割合と同じくらい重要なウェイトを占めているのが補償限度額です。一口に補償限度額と言っても、1年間のトータル費用に上限を定めているタイプと、治療の種類ごとに上限や回数を定めているタイプの2種類あります。たとえば前者のタイプは、年間支払額以内であれば何度でも、通院や手術を受けられます。後者は回数に限度が定められている反面、前者に比べると支払い額の上限は高くなるんですよ。いずれのタイプが向いているかは、ペットの種類や年齢などによって異なります。

保険のタイプごとの利点と注意点を把握しよう

ペット保険は、補償限度額の扱いによって2種類に大別できますが、それぞれ利点と注意点が異なります。1年単位で限度額が設定されているペット保険の利点は、回数に上限が無いことです。治療の種類も関係ない場合が多いため、大きな手術になった時に自己負担額を抑えられます。ただし、上限が低めに設定されていることが多く、自己負担をゼロにすることもできません。通院や手術といった治療の種類毎に限度額が設定されているタイプは、その上限が高く設定されていることが利点です。自己負担をゼロにできる商品も存在するんですよ。ただし、限度回数を越えると補償から外されてしまうので要注意です。いずれも一長一短ありますから、備えたいことに合致したタイプのペット保険を選ぶようにしましょう。

ペット保険とは飼っているペットが病気などでかかった医療費を補てんしてくれる保険のことです。最近のペットブームで保険会社もさまざまなプランを取り扱っています。